歯を守る歯医者に相談!悩める歯周病にピッタリの治療法を選ぼう

歯を守る歯医者に相談!悩める歯周病にピッタリの治療法を選ぼう

歯型

歯周病に特化した治療法

明石にある歯医者では歯周病予防を強く呼びかけています。なぜなら、歯周病が原因で歯を失う人が後を絶たないからからです。歯周病をもたらす菌は治療を受けない限り増殖し続け、やがては歯周組織を弱らせ、歯を抜け落ちさせてしまうのです。
聞くだけでも恐ろしい歯周病ですが、歯医者でスケーリングと呼ばれる治療を受けることで改善の見込みはありますよ。歯周病やむし歯の元となる歯垢を綺麗に削ぎ落とす器具(スケーラー)を用いる施術で、歯磨きでは落としにくい歯垢でも取り除くことができます。
症状が進行している歯周病であれば歯周外科処置が必要になります。歯表面どころか歯根周りにある歯垢を取り除く為、歯ぐきを切開するほどの大手術となるからです。

歯医者

治療中に気をつけること

歯周病の治療中、歯磨きをするときの強度には充分気をつけましょう。健康な歯と比べて歯周病患者の歯ぐきは弱っています。あまりにも強く磨きすぎると出血の量が多くなり、さらに歯ぐきを弱らせてしまう可能性もあるのです。
歯医者の指示には従い、完治を目指していきましょう。

医療器具

日頃からできる予防法

歯の病気を予防する為には、歯磨きを徹底することです。しかし、先に伝えたように歯磨きでは取り除けない歯垢もあります。治療中の人もそうでない場合も、定期的に歯医者へ通って、歯垢を取り除くクリーニングを行いましょう。名古屋駅など主要駅が最寄りとなる歯医者もたくさんあるので、通院に最適ですよ。

どっちが歯垢を取りやすい!?糸ようじのタイプ

Y型

ただ糸が張ってるまっすぐタイプとは異なり、歯垢をキャッチできるホルダー状になっています。Y型の特長は奥歯にも使いやすいことで、食べ物が引っかかっているときにも便利です。

P型

奥歯に使いやすいY型に対して前歯に使いやすいのがこちらです。歯と歯の間に若干の隙間があると食べ物が引っかかりやすいので、一緒に歯垢まで取り除いてしまいましょう。

広告募集中